2020年10月19日月曜日

無料でOffice対応ファイルを操作できるLibreOffice

こんばんは、こうちゃんです。

情報整理や作業の際に頻繁にOffice系ファイルを使う、
でも高価なオフィシャルソフトのOfficeは買いたくない、
そんな場合に役立つ、無料のOffice対応ソフト、

LibreOffice
公式サイト:https://ja.libreoffice.org/

です。

LibreOffice(リブレオフィス)は、The Document Foundationのプロジェクトが作成する自由・オープンソースソフトのオフィススイートである。商用ソフトであったStarOffice(日本向けは商標の関係でStarSuite)をオープンソース化したOpenOffice.org(2011年終了)から2010年に派生して作られた。 LibreOfficeは、Writer(文書作成)、Calc(表計算)、Impress(プレゼンテーション)、Draw(ベクタードローグラフィック)、Base(データベース)、Math(数式作成)から構成され、117の言語で利用できる。

LibreOfficeが使用する標準ファイル形式は、オープンドキュメント形式(ODF)である。ODFは、構造化情報標準促進協会(OASIS)が文書規格を策定し、国際標準化機構(ISO)、国際電気標準会議(IEC)、日本産業規格(JIS X 4401:2014)が認定する国際標準規格である。Microsoft Officeなどのファイルはネイティブファイルとしてはサポートせず、これらと互換性は無いがインポート、エクスポートフィルターを介した変換を伴う読み込みと書き込みができるファイルとしてサポートをする。

LibreOfficeは、Microsoft Windows、macOS、LinuxやモバイルのAndroid、iOSといった多様なプラットフォームの利用に加え、オンライン上で利用できるLibreOffice Onlineも用意されている。主要なLinuxディストリビューションでは標準のオフィススイートとしてインストールされる。また、LibreOfficeは最も活発に開発されている自由・オープンソースソフトオフィススイートであり、直系の後継であるApache OpenOffice開発と比較すると活動の活発さは約50倍にも匹敵する。

LibreOfficeプロジェクトを発表後、2010年9月28日にベータ版をリリース。最初の安定版リリースの2011年1月から2011年10月までにLibreOfficeは約750万回ダウンロードされた。プロジェクトは、2011年5月から2015年5月までにLinuxディストリビューションのダウンロードを除いて1億2000万のユニークダウンロードがあり、そのうち5500万は2014年5月から2015年5月の間にダウンロードされたと報告している。


こうちゃん

圧縮・解凍に万能な7-zip

こんばんは、こうちゃんです。

ファイルの圧縮・解凍と言えば、
ほぼほぼすべてのファイルに対応できる万能圧縮ソフト、
7-zipです。
公式サイト:https://sevenzip.osdn.jp/

無料なのに対応している圧縮形式は幅広く、
インストールするとファイルを右クリックで、圧縮や解凍のメニューが加わり、ほぼすべての圧縮形式のファイルを解凍することができます。
Windows 10などは、最初からファイルの圧縮・解凍機能はついておりますが、結構対応していないファイル形式がありますので、
最初にこちらの7-zipを入れておいて、圧縮・解凍を万能にしておきたいですね。


こうちゃん

2020年2月19日水曜日

使用メモリを激減させてくれるReduce Memory

こんばんは、こうちゃんです。

こちら、名前通り、
使用メモリを減らしてくれる素敵なフリーソフト、

Reduce Memory

です。
名前の通り、起動して動作させるとその時点での使用メモリを大幅に減らしてくれる他、
常駐させておくと、定期的に使用メモリ削減の動作を行ってくれます。
15秒に一回など、こまめに行う設定にすれば、メモリの少ないマシンでもある程度快適に作業を行うことができます。

そんな夢のようなソフトは、
公式サイト

https://www.sordum.org/9197/reduce-memory-v1-3/

のサイト下部、ダウンロードより、入手してください。
圧縮されていますので、
解凍後、自身のOSのbit数に合わせたソフトを起動すれば、
後は簡単にメモリ削減動作を行ってくれます。


こうちゃん

2019年9月22日日曜日

3DText for Windows

こんばんは、こうちゃんです。

雑学画像的に楽しめる、浮き上がって見える文字の、立体視、
それを作って楽しめる画像作成フリーソフト

3DText for Windows
https://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se403149.html

です。
簡単入力・操作で楽しい3Dの立体視が作れます。
仲間内でちょっとしたお楽しみ画像を交換したりできますので、
こちらで作ってみてはいかがでしょうか。


こうちゃん


2019年9月18日水曜日

Free 回転体 for Win32

こんばんは、こうちゃんです。

平面体が回転してできる立体にシミュレートできるフリーの3D描画ツール

Free 回転体 for Win32
https://www.vector.co.jp/magazine/softnews/101203/n1012031.html

です。

無料ながら、平面で作ったイメージ画像を回転させて作った3Dモデルの作成、
さらに細かにフレーム調整等もできて、
3Dモデルの作成や、こういった画像作成の入門には手軽でよいソフトです。

作成した画像は、このソフト用の保存の他、bmp形式での画像保存もできますので、
練習してよいモデルを作れたら、SNS等でも見せられる形でとっておけます。


こうちゃん

2019年9月5日木曜日

FFFTP(定番FTPソフト)

こんばんは、こうちゃんです。

今回は、
サーバー上にファイルをアップしたり、
サーバーからファイルを落としたりする際に必要な、
FTPソフトと言われるローカルとサーバの通信ソフトの中で、
とにかく高性能・高速、簡単操作で昔から人気の、
FFFTPのご紹介です。

あまりに定番、かつ多くの人が基本機能として使っているため、
wikipediaができたほどです。

---
FFFTP(エフエフエフティーピー)は、1997年に曽田純(Sota)が開発したFTPクライアントソフトウェア。漢字などのマルチバイト文字を名前に含むファイルを扱えるのが特徴。日本語版と英語版が公開されている。


原作者による開発は2011年8月31日をもって終了。その後有志によりオープンソースで開発が行われている。


GUIによりコマンドラインを使わずにサーバにあるファイルを管理することができる。三面分割型のGUIを持ち、左側はローカル側ファイル一覧、右側はリモート側ファイル一覧、下側に作業履歴が表示される。


---wikipedia参照


自身でホームページを持っていたりしてファイルのやりとりが頻繁に生じる環境、パソコンには必須のフリーソフトのひとつです。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se061839.html


こうちゃん

2019年8月29日木曜日

ふりーむ(ダウンロードサイト)

前述の、有名所、

窓の杜
vector

に近いダウンロードサイトで

ふりーむ

のご紹介です。

と言っても、
ちょっと前のふたつのダウンロードサイトとは違い、
フリーソフトウェアではなく、
フリーゲーム
のダウンロードサイトになります。

若干このブログの主旨

PC環境の便利化、
作業の便利化

等のためのソフト、とは違いますが、
無料で色々やりたい人には、
フリーゲームの情報も役に立つかな、
とここで挙げておきました。

よろしかったらご利用ください。

燃えPaPa